女性の仕事と料理について

家庭を持つ女性が仕事を持っていると夕飯をどうするか気になるところです。一般的には夕ご飯の支度は主婦がやることが自然となっておりますが、その場合仕事を持っていると、夕ご飯の準備もかなり限られた時間内で行われなければならなくなってきます。
この場合、求められることは時間の効率化です。仕事でも同じことが言えますが、効率的に物事に対して動いていかなければ、同じ時間内で仕事をこなすことができません。料理でも同じことがいえます。仕事を終えてから料理の下準備にかかるわけですから、ある程度の時間を要します。しかし、夫が早めに帰って来たときは夫が料理の下準備を行うということも最近では増えているようです。これからは男女力を合わせて、効率よく家庭の仕事をこなしていくことが主流になっていくのでしょうね。

家でも仕事のような効率を求められている主婦って本当に大変だよなと思います。料理は関しては毎日のことですから、「もう疲れた!」といって放り投げるわけにもいきませんしね。たまに外食するくらいなら可能ですけど、やはり家計を支える主婦としてはなるべく無駄使いはしたくないものです。
更に料理は作ればいいっていうものではありません。栄養面も考えて料理しなければ偏った栄養になってしまいます。栄養的な問題で家族が体調を崩してしまえば、結局全部自分にかかってきますしね。仕事も家事もこなす女性たちの頑張りはもっと世間に認められるべきだと思います。できれば、男性陣がもう少し家事に参加してほしいですよね。最近は共働きが当たり前になってきているので、今後自然と家事は男女で協力する形になりそうですけどね。